アリオ上尾大道芸イベントでのパフォーマンスでした!" />

アリオ上尾大道芸イベントでのパフォーマンスでした!

大道芸人、パフォーマーのたっきんです!

先日から告知させていただいていた、アリオ上尾大道芸イベントでのパフォーマンスでした。

Mさん写真ありがとうございます^^

計2回のパフォーマンス。
1回目、2回目ともに、以前見てくださった方がいらしてくださいました。
ありがたいー!!

「おや?あの子、見覚えあるぞ?」

なんて思いながらショーしてるんです〜。

勘違いだったらすみませんw

今日は1回目、メガネフィニッシュのショー。
スムーズにいけた気はするんだけど、個人的にはもうちょっと”こじれたい”。
まだ中盤の山が低いんですよね。
もうちょっと険しい山を登り切ってから!

のためにはバランス&ハットを入れないとだな〜。
ディアボロへの絶対的な信頼はあるので、もうひとつ武器を。

やっていこうどんどん。

2回目はお隣でやっていたイベントの時間が押していたので、
出来るだけ解消するようにと短めのショー。
ただもうちょっと縮められたよな〜なんて。

あ、もちろん中身に手抜きはありません!
見てほしいもの、一番やってきたものを濃縮してやった感じ。

や、にしても2回とも上尾の大道芸って感じで、とても良かった。
のんびりやれる大道芸はいいな〜。

さてさて。
今日はアリオ上尾という商業施設でのイベントとしての大道芸。

場所によってやり方って変わるんですよ。
あ、ショーの内容でなくて、イベントのやり方。

もちろん出演するだけのイベントもたくさんあるのですが、
大道芸で自主運営しながらのパフォーマンスとなると、
例えば今日みたいにお隣で別のイベントをやっていたりする。

そのイベントの間の時間でのパフォーマンスが通常です。

今日は一応、イベントの方から
「同時進行でも大丈夫ですよ。」

と伺っていたのですが、
距離も近いこともあって、それはお客様が大変だよな〜って。
大道芸とそのイベントの距離が本当に近かったので、

  • ショーの音によるイベントへの影響
  • イベント前に大道芸に立ち寄ったお客様がいるであろう想定
     (ショーが終わるまでイベントにいけない、途中退席って目立つのでみんな避けがち)

が考えられました。
案の定、大道芸の後にイベントに向かうお客さま多く見受けられました。

で、考えることは、

僕達大道芸イベントは大道芸のイベントをするだけじゃない、ということ。

「お隣のイベントのお客様へのアナウンス」

「時間通りに進行して被せない」

他にも必要なことはたくさんありますが、
主たる部分としてはこんなところでしょうか。

大道芸イベントと、もう一つのイベント。
内容も全く違うので、個々に進行してもいいのですが、
それは運営側の話です。

お客様の立場、
広場でやっているイベント、大道芸とイベントがそれぞれ開催されていても、

「この場所のイベント」

と認識されるので、
たとえ運営上そのイベントと関係がなくても、
足並みを揃えないとお客様が大変なんですよね。

イベントをやっている間はショーができないので、
それをタイムロスと捉えてしまうと、今後難しいかもしれませんね。

お客様=だれ?

を常に意識していれば大丈夫かな。
ベクトルが自分に向くのか、誰かに向くのか。

ちゃんと整理して文字にしていこうと思います。

>ゲスト様に特別な思い出を届けましょう

ゲスト様に特別な思い出を届けましょう

イベントに合わせた内容でゲスト様に最高にお楽しみいただける時間をご提供致します。 お問い合わせ後、24時間以内に返信致します。まずはお気軽にご相談ください。