雑記:最近思うこととかいろいろをまとめて

大道芸人、パフォーマーのたっきんです!

今日はいろいろ雑記な内容です。

スティックを新しく購入したら・・・

長く使っているスティックをそろそろと思い新調しました。

同じスティックとは思えない…w
こんなに白かったんですね←

日本ディアボロ協会さんのオンラインショップ等で購入可能です。

舞鈴劇場 カーボンスティック 32cm - 日本ディアボロ協会オフィシャルショップ - 通販サイト

日本ディアボロ協会のオフィシャルショップです。これからディアボロを始める方から競技者まで幅広く対応致します。…

ご参考までに↑
色違いでもう1セット届くので楽しみです^^

難しさと楽しさ

僕は12歳でディアボロと出会い、ずっと続けてきました。
ディアボロってジャグリングという大きな括りの中の1つです。

ディアボロ以外にもいろんなジャグリングをやってきて、大半のものは出来る感じ。
ショーではやりませんがw

  1. ひたすら「出来ない」時間を繰り返す
  2. ふと「できた!」が来る
  3. すぐ「出来ない」に戻る
  4. 「出来ない」→「できた!」の感覚が狭くなってくる
  5. 「できた!」→「できる」に変わる
  6. また「出来ない」技に挑む

僕の感覚としてはこんな感じ。
何事にも言えることですが、人間すぐには出来ないもんです。

この

出来ない」→「できた!」→「できる」の変化の過程が、
難しさであり、楽しさである
と思います。

「出来ない」の過程で辞めてしまう方もいますが、
その先の「出来た!」の喜びは凄まじいものがあります。

ここに僕が続けてくることができた理由があります。

積み上げる他ない

大道芸というこの世界では、ふと横を見ると「世界チャンピオン」とか
「ギネス記録保持者」とか、
凄まじい経歴をお持ちの方がごろごろいます。
ビックリ人間の宝庫です 笑

そんな中で僕のような一般人も戦ってるわけです。

ただ、どんな芸にしても、どんなジャンルにしても同じことが言えます。

その人が「とんでもない努力を積み重ねてきた」こと。

その結果が目の前にあるんです。

僕は

「あの人、めちゃくちゃすげぇな〜!!」

って思うのは日常茶飯事で。
ただそこには妬みとかそういうのは全くなくて、単純に
僕より何倍も努力してきたからすごいんだ、って思います。
劣等感とか全くそういうのは全くなくて、憧れ?が近いのかな。

だから僕も

努力したらあそこまでいけるんだ

と思います。
目の前にそれがあるんだから、出来ないことはない、時間はかかるかもしれないけど。

そういうのが熱量になっていくのかなと。

あとは目の前の熱量と、行き先をちゃんと確認して積み上げること。

こんな記事も書いてます。

今日は江ノ島大道芸の日ですが、外は雨模様(^^;
一応午後から曇り予報ではありますが…。
江ノ島に行くか、体育館で練習か。
悩むなー!

最新情報をチェックしよう!
>イベント出演、企画、体験教室なんでもお任せください

イベント出演、企画、体験教室なんでもお任せください

ファミリー層を中心にお楽しみいただけるコンテンツをご用意しております。屋内、屋外問わず、イベントに合わせた内容でゲスト様に最大限お楽しみいただける時間をご提供致します。お問い合わせ後、12時間以内に返信致します。まずはお気軽にご相談ください。