「大いなる力には大いなる責任が伴う」byベンおじさん

大道芸人、パフォーマーのたっきんです!

タイトルは僕が大好きなMARVELのスパイダーマンに出てくる言葉。
主人公のピーター・パーカーのおじさん、ベン・パーカーが不運にも強盗に襲われ命を落とす時、
最後にピーターにかけた言葉です。

「大いなる力には大いなる責任が伴う。」

これって、ある意味では今の大道芸においてはとっても大事なことで。
集客力のどうこうという話しではなく、

「人が集まるのであれば、それ相応の対応をしなければいけない。」

という話。

大道芸ってやっぱり人を集めてなんぼ、盛り上げてなんぼなところがあります。
コロナ禍においてはそれはとても相性が最悪です。

集めちゃいけない

声を出させちゃいけない

コロナ禍が始まり、小池さんが「3密」を提唱した時、
そのニュースを見て僕は「終わった…」

と思いました。

ただ、本当に終わるわけではなくてw
だったらそれに合わせたものをやればいい。

十分に対策をして、
過去に固執することなく、”いま”必要なことをやっていけばいいだけだ

と思いました。

で、2021年11月13日現在、
コロナの新規感染者数は激減して、収束したのか?12月1月あたりにリバウンドがあるのか?
という状況。

とはいえ、緊急事態宣言・蔓延防止措置も解除されているいま、
大道芸も各所再開していて、
どこも盛り上がりをみせています。

もちろん各所徹底した対策をしてみなさんパフォーマンスをされていますが、
時折見る、
コロナ禍以前のようなギッチギチに寄せてパフォーマンスされている様子…。

もちろんその方の集客力の賜物なんですが、
僕は

「いま、それでいいのか?」

と。
集客力のある人は、その分より徹底した対策を講じてショーをやる必要があります。
そもそも人が集まりやすい現場であれば、
集客力の有無に関わらず、徹底した対策が必要です。

それを放棄して、以前のように集めて、盛り上げるショーをやるのは、
責任放棄ではないかな?

と思ってしまうわけです。

僕は今は人の多くなる現場では、看板の設置、適宜ディスタンスを取るようにアナウンス、マスク着用のアナウンス、歓声よりも拍手で、というご協力をいただきながらのパフォーマンスを行なっています。

ショー構成としても、
動線が塞がる場合を除いて、盛り上げるための意味での寄せはやりません。

今はまだコロナ禍が終わったわけではないので、
まだまだ対策は必要です。

が、これを「我慢」ととるか、「必要なこと」と取るか、
それでこれからが変わってきそうだな〜なんて思います。

今日もこれからパフォーマンスですが、
変わらず感染症対策を徹底しつつ、お客様に安心・安全にお楽しみいただけるように頑張ります!

天気がものすごく良い!

✔️ “いま”必要なことは何か?”いま”どう取り組むか?

パフォーマーたっきんofficial HP

大道芸人、パフォーマーのたっきんです!3ヶ月ぶり、2日間のショーを経て、今までとは違う”いま”の状況、”いま”必要なこと…

>イベント出演、企画、体験教室なんでもお任せください

イベント出演、企画、体験教室なんでもお任せください

ファミリー層を中心にお楽しみいただけるコンテンツをご用意しております。屋内、屋外問わず、イベントに合わせた内容でゲスト様に最大限お楽しみいただける時間をご提供致します。お問い合わせ後、12時間以内に返信致します。まずはお気軽にご相談ください。