Twitter断ち1週間の結果! - パフォーマーたっきんofficial HP

 Twitter断ち1週間の結果!

大道芸人、パフォーマーのたっきんです!

先日書いていた記事の結果報告?

「超短期ですがTwttier断ちをしてみます」

個人的にはなかなか良い感じでした^^

Twitter断ちする前の僕

僕は結構人と比較してしまうところがあります。
そんな僕がこの大道芸という業界で生きてるもんだから、
心はもう大変なもんです 笑

目の前には世界チャンピオン。
横を見ればギネス記録保持者。

そんな怪物な皆さんの中に混じる一般人w

コロナ禍においては、現場のある人/ない人の差がかなり出たと感じます。
現場管理に携わっている人、その方と密接に繋がっている人。
こういった方はしっかりと継続できていて、

例えばヘブンアーティストとか、ライセンスの場所でのみ活動していた方は
軒並み活動場所を失った結果になりました。

(自分で多少なりコントロールできるか出来ないかが大きい)

僕は幸いにも前者寄りでしたが、
「場所ありき」の精神なので、だいぶ徹底した感染症対策など、施設の担当者様とシステム作りをしました。
そのため、場所はあるけど、「長い目で見て今は耐え時」というスタンスでした。

ただその結果、Twitterで「今日は○○でショーです!」といった仲間のツイートを見て

うらやましいな〜

という気持ちと、

僕はいったいいま何をしているんだろうなー

という気持ちに襲われてしまいました。

もともとTwitterを結構見ちゃうところもあったのでなおさら(^^;

これがTwitter断ちをするきかっけです。

いざTwitter断ちをやってみて

Twitter断ちと言ってますが、
ただTwitterアプリを開かないというだけなんですけどもw

いざそう決めると面白い変化がありました。

  1. 情報収集がTwitterからニュースサイトや、Google検索になった
  2. 他の人のことが気にならなくなった
  3. 読書量が増えた
  4. 時間が増えた
  5. 携帯を見ている時間が減った

たった1週間でこれだけ変化がありました。

得られた変化

①情報収集の方法が変わった

ニュースフィードやタイムラインに流れてくる情報から得ることが多かったです。
ただ、TwitterをやめてGoogle検索やニュースサイト閲覧が増えると
視野が広がった感じがありました。

ニュースサイトに関しては、記事の作者さんの意見が書かれていることが多いので
同じ内容でも何個か比較して、ということが習慣化しました。

1週間のTwitter断ちを終えて、Twitterはタイムラインよりも情報検索での利用がほとんどになりました。
TLでも上にあるやつをさらっと見る程度に。

②有効な時間が増えた

Twitterのタイムラインを眺めているだけの時間って結構あったんだなーと、
今は感じます。

読書や練習等の時間も今までしっかりとってるつもりでしたが、
いやいやまだ余裕あるじゃん!という感じ。

なんてもったいないことをしていたんだ…orz

③メンタルが穏やか

荒れていたわけではないんですがwww

他の方の活動の情報を遮断したこともあり、
自分の”比較思考癖”が弱くなったように感じます。

知っちゃうから比較しちゃうんです。

なら、知らなければいいだけ。

知らぬが仏?

今後の付き合い方を考える

Twitterが悪、と言いたいわけでは決してありません。
適切な付き合い方ってあるよね、ってだけの話で。

自分が思っていた以上に、自分には合わない使い方をしていたんだな〜と気付きました。
今後は情報収集のためのツールとしての利用に重きを置こうと思います。

ちなみになんですが、Instagramもやっています。

こちらに関してはTwitterと違って、練習記録など完全に自己満な形で発信してます。
「パフォーマーたっきん」としての利用がほぼです。

フォロワーを増やしたいとかもないし、
綺麗な写真を投稿したい、見てもらいたいとかもありません。

自分の練習してるもの、練習してきたものを今は中心に更新。
それをふとした時に見返して、

「お、おれすげぇじゃん!」

と見てます 笑

Twitterは繋がりが広がりすぎたのかもしれんですね(^^;
今の時代には大切なことなんですが。

今の自分に何が負荷をかけているかが分かったので良い経験でした!
試しにやってみると良い発見ありますね!

トップへ