言葉は”財産”。日常使う言葉と息子の言葉

大道芸人、パフォーマーのたっきんです!

人前に立つ大道芸人、パフォーマーというお仕事をさせていただいていて、
「言葉」ってのはとても重要な要素です。

僕はショーの冒頭部分、サイレントでやるパターンと、喋るパターンと2通りあります。

ただ、サイレント(喋らない)にしても、身振り手振り、表情に言葉を乗せるものだと考えています。

僕には3歳の息子がいるのですが、
さすがに言葉も増えてきて、1日ずーーっと何かしら喋っています。

静かなのは寝てる時ぐらいじゃないかな 笑

息子が日常使う言葉。
それって僕と妻が日常使う言葉でできているなーと日々感じます。

言葉を教えることは、人を教えること

息子が生まれてから妻とも話したのですが、
人付き合いって、自分が使う言葉で構成されてると思うんです。

綺麗な言葉を使えば、そういう人が周りに集まる。

汚い言葉を使えばそういう人が周りに集まる。

人って当然、居心地の良いところに集まりますから、
自分の言葉に合う場所、人に集まるのは当然のことのように思います。

だからこそ、僕たち親が子供と接する時ってのは、
とにかく常に言葉に注意していかなきゃいけない。

それが息子にあげられる財産でもあります。

とはいえめちゃくちゃ難しい

とは言いつつも、

毎日の生活、息子と接する中で
常に言葉を意識していくのってむちゃくちゃ難しいんですよね!

ふとした時に出てしまう「やばい」

イライラしてる時に出てしまう「おい。」(例えばの話です)

息子と遊んでいたら、

「ぱぱ!やばいね〜」

と以前発したことがあって、
あまりにも衝撃を受けました…。

3歳で「やばい」をつかうのはやばい…←

本当に子は鏡。

しかも、一度覚えた言葉は抜けません。

「やばいって言葉使うのやめようね。」

といっても、当然忘れてくれるわけがありません。

言葉の勉強って案外やらない

ナレーターさんや司会業の方など、人前で喋ることがお仕事の方は
言葉ひとつひとつの勉強をされると聞きました。

でも僕たちは日常、言葉を勉強するってあんまり無いと思うんです。

必要なのにやらない。

そもそも言葉ってどう勉強したらいいんだろう?

語彙力を増やすことが言葉の勉強か?と言われると、
それだけでは無いと思うし。

日常的にどう勉強できるか、を考えたら、やっぱり読書なんですよね。
今はコロナ禍の影響もあり時間もあるので、
月に最低3冊以上は読むようにしています。

単純にたくさんの言葉に触れる。

それが一番近道なのかな?と思います。

僕ももう今年で33歳を迎えます。
(誕生日は11月!)

いい歳になってきたな〜!
大人らしいショーができるように。

そしてちゃんとした言葉を使って、
息子にそれを残せるように。

勉強しましょ。

最新情報をチェックしよう!
>イベント出演、企画、体験教室なんでもお任せください

イベント出演、企画、体験教室なんでもお任せください

ファミリー層を中心にお楽しみいただけるコンテンツをご用意しております。屋内、屋外問わず、イベントに合わせた内容でゲスト様に最大限お楽しみいただける時間をご提供致します。お問い合わせ後、12時間以内に返信致します。まずはお気軽にご相談ください。